通常ならば年末年始の休暇を利用して、年1回だけ夫婦で海外に出かけていたのだが、2012年は仕事が一息ついた9月に休みをいただき、イギリスの湖水地方とコッツウォルズを訪ねる旅に行ってきた。

 イギリスと言えば、この年、7月にロンドンオリンピックが開幕し、メダル獲得にしのぎを削った数々の日本選手の活躍に日本中が熱狂した。そのため、7月と8月はイギリスがからんだ通常の海外ツアーは開催されなかった。

 2012年は、エリザベス女王が即位60年をむかえるという歴史的な年でもあった。6月上旬には「ダイヤモンド・ジュビリー」と呼ばれる祝賀行事がおこなわれ、イギリス国民は半世紀以上にわたって国の象徴となってきたエリザベス2世をたたえ、誰もがイギリスの繁栄を喜んだ。

 ダイヤモンド・ジュビリーからオリンピックにつづく饗宴が一段落した9月、ピーターラビットが生まれた湖水地方から出発し、首都ロンドンへと向かうJTBのツアーに出かけたのだった。

旅行記を見る